本紹介

空腹こそ最強のクスリ

今回は「空腹こそ最強のクスリ」を解説していきます。

この本は今までの常識を覆してくれる

とても参考になる本となっています。

日頃体調が優れない、健康に気をつけたい、ダイエットしたいなど

様々な悩みが現代人にはあると思います。

しかし、この本に書かれていることを実践すればそれらの悩みは解決するかと思います。

ぜび、最後まで読んでいただきたいです。

前提

まず、前提として1日3食は間違えであった!という点です。

親や学校で1日3食食べましょう!と多くの方が習ってきましたが、

1日3食食べてるのになぜ現代人には病気の人、太っている人が多いのか?という事です。

答えは単純で、カロリーオーバーであったという事です。

簡単に言うと食べすぎです。

次に空腹時間を作ることが大事になります。

食べる回数を減らし食事と食事の間を作り胃と腸を休ませることが大事になります。

目安として空腹時間は16時間作りましょう!と本書籍では書かれています。

16時間の空腹を作ることで体にある機能が働き始めます。

それは「オートファジー」と言います。

「オートファジー」は自分の体内のエネルギーを使い、体を動かそうとすることで

古い細胞や老廃物を新たな細胞へと生まれ変わらせます。

こうすることで、体が生まれ変わり、健康になり若返りの効果が生まれます。

16時間の空腹時間の作り方

ここまで聞いて

16時間も食べないなんて無理!

と思われた方も多いのではないでしょうか。

しかし、本書籍では簡単に実行できる手段も書かれています。

それは、睡眠時間を含めてよい!と書かれています。

例をあげると、夜8時に晩御飯を食べ終わり、12時に就寝し、朝8時に起き、昼12時にご飯を食べる

たったこれだけでよいです。

これ以上の難しい行動は必要ありません。

しかも、それぞれの食事は何を食べてもよいと書かれています。

難しい食事療法は必要ありません。

ここまで読んでこう思う方もいるかもしれません。

朝食べないなんて無理!

本書籍ではこういう方への対応策も書かれています。

それは、ナッツを食べることです。

ナッツならいつでも食べてよいと書かれています。

ただし、ナッツは素焼きナッツを食べるようにしてください。

味付けのしてあるナッツはNGです。

16時間空腹時間を作った方がいい理由

ここまで読んでいただいて空腹時間を作った方がいいんだなと思う方がいるかもしれませんが、

空腹時間を作った方がいい×

空腹時間を作らなければいけない〇

であると思います。

現代人は糖質を取りすぎています。

糖を取りすぎることで脂肪肝、糖尿病などの病気にかかります。

脂肪肝は日本人の4人に1人、糖尿病は6人に1人いると言われている現代病です。

それらの病気にかからないために、空腹時間を作らなければいけません。

また、空腹時間を作ることであらゆる病気を遠ざけることができます。

  • がん
  • 高血圧症
  • 認知症
  • アレルギー
  • 感染症
  • 老化

ただし、これらの病気は遠ざけるだけであって治療法ではありません。

あくまで予防法であって発症してしまっては効果がありません。

まとめ

今回は「空腹こそ最強のクスリ」を紹介しました。

ざっくりと要点だけをまとめましたが、

空腹時間を作ることで得られるメリットがとても大きいです。

また、今回は紹介できてない詳しい実践方法や理屈など様々なことが本書籍では書かれていますので、

興味が出てきた人はぜひ本書籍を購入し実際に読んでみてください

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA