投資

iDeCoは不要?

こんにちは!

クマです。

皆さんはiDeCoは必要か、不要か、どう考えていますでしょうか?

老後資金のために必要だよ!

と、いう人もいれば

必要ないね!

という人もいるでしょう。

自分は不要派です。

そこで今回はiDeCoが不要な理由を自分なりの考えを説明できたらと思います。

こんな人に読んでもらいたい
  • iDeCoを始めようか迷ってる方
  • iDeCoをこのまま続けていいか迷ってる方

そんな方の参考になればよいと思います。

iDeCoとは

まず、 iDeCoのことを知らない方の方に説明すると

個人型確定拠出型年金

のことです。簡単に言うと自分年金の事です。

老後2000万問題は聞いたことがあるでしょうか?

老後資金が2000万足りなくなると政府が発言したことで一時期大きな話題になりました。

今の年金だけでは老後資金が足りなくなるため、自分でお金を用意する必要があります。

そこで国は iDeCoという制度を用意し自分の老後資金を自分で用意するように促しているわけです。

iDeCoのメリット

積み立て時の掛け金が全額所得控除になる

iDeCoで積み立てた金額がすべて所得控除になります。

つまり、税金が安くなります。

自分で確定申告の必要あり

運用益が非課税

iDeCoの運用で得る運用益が非課税になります。

一般的には株などの運用益には約20%の税金がかかりますが、iDeCoでは60歳まで非課税で運用できます。

非課税で運用できるのは大きなメリットです!

受け取り時一定額が非課税になる

年金を受け取るときにも控除が使えるため、税金の負担額が軽減されます。

iDeCoのデメリット

では、デメリットはないの?という方

もちろんデメリットもあります。

加入年齢

iDeCoに加入できるのは60歳未満となっております。

原則60歳まで引き出せない

原則的に60歳まで引き出すことはできません。

途中、急にお金が必要になったからと言って原則60歳まで引き出すことはできません。

これが個人的には1番のデメリット

元本割れのリスク

投資である以上、元本割れのリスクつまり元のお金より少なくなる可能性があります。

ただし、長期で運用すればリスクは下がります。(15年以上)

手数料がかかる

税金面では優遇されていますが、運用手数料、開設手数料などの手数料が発生します。

以上が、iDeCoのメリット、デメリットです。

詳しく知りたい方はぜひ自分でもいろいろ調べてみてください。

デメリットもありますが、メリットはそれ以上に大きいので一般的にはiDeCoをした方がいいです。

しかし、すべての人に勧めているわけではありません。

ここからは、iDeCoは不要なだと思う方について解説していきます。

iDeCo不要な理由

60歳まで引き出せないため

これが一番のデメリットだと思います。

多くの方が60歳まで結婚、出産、育児等お金がかかるイベントが発生すると思います。

しかし、そんなときに目の前にお金があるのに引き出せないのはもどかしさがありますよね。

いざというときの現金の蓄えが作れない方はやらない方がいいでしょう。

FIREを達成した方、目指している方

FIREやサイドFIREを達成した方、目指している方は必要ないかと思います。

現在の生活費が足りているのに老後資金が必要とは思いません。

また、目指している方も複利の力を活かすためにiDeCoより今投資にお金を回した方が賢明かもしれません。

iDeCoに回す分だけFIREが遠ざかります。

老後活力問題

自分が定年を迎えたときそこまで活力があるのかを自分自身で考えてみた方がいいかもしれません。

若いうちは活力があり、どこへでも行き、欲しいものもあり、食欲もあるかもしれませんが

それが60歳以降も続くとは思いません。

今ほど生活費はかからないと予想できるので自分の現在の生活費と老後の生活費が同じと考えるのではなく

減る予測でいればそこまで老後にお金を回す必要がないのでしょうか。

それより老後よりも今の生活を良くしていった方がいいかと思います。

ちなみに、自分は月10万あれば余裕のある生活ができるため積み立てNISAだけで十分かと思ってます。

これは、自分の性格や家族構成で変わるためよく考えてみた方がよいかと思われます。

まとめ

以上、iDeCoが不要な理由をまとめました。

しかし、iDeCoはとても優れている制度のため活用すべきだとも思っていますが、

必ずしもすべての方が活用した方がいいとも思っていません。

自分は今は必要ないと考えていますが、もしかしたら今後必要になり始めるかもしれません。

大事なことは誰かに言われたからやるのではなく

自分の頭で考えて決める

ということだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上、クマでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA